楽器 奏法 楽曲 を 自由に

クリエイトする Koto で 目指す

日本伝統の新しい未来

1/6
K o t o i s t
Atsushi Masuda
O f f i c i a l  W e b  S i t e
箏の演奏、作曲、指導、出版、開発 …
What's  new               
July 15 2021 
Movieページを新しく作りました

June 4 2021 
Schedule(7/18)を追加しました

May 18 2021
Schedule(8/1)を追加しました

April 27 2021
Schedule(6/6)を追加しました

April 13 2021
Schedule(5/16)を追加しました

増田アツシ プロフィール

 兵庫県生まれ。幼少より箏を習い始め、全国小中学生箏曲コンクールで第1位となり、20歳でNHK邦楽オーディションに合格。世界的ベーシスト、石橋敬一にジャズ音楽理論を師事しながら、日本音楽をNHK邦楽技能者育成会で学び、江戸時代からの形を自らのアイデアで作り変えた現代的箏爪によってオリジナル曲やスタンダードなども演奏。

また、国境なき楽団員としてのスリランカでの慰問演奏、日本とスイス国交樹立150周年記念のためのベルン公演、ヘルシンキ市長の招聘を受けた現地トップピアニストとのコラボレーション、上海で開催されたアジア最大級楽器展示会での中国伝統楽器との共演、などの海外活動の一方で、音と機能性を追求した短箏や独自のメソッドによる教則本を発表、箏の普及と指導にも力を注いでいる。